肌に優しいaipies kosumettikusuips化粧品 ct3imagery.com

IPSコスメティックスの精神

ウォータープルーフ

女性が欠かすことの出来ないメイク。
そこで活躍するコスメティックスには様々な
ものがあります。


いろんな順序でメイクをされると思いますが
一般的に顔全体の肌を整えるベースメイクからとりかかる方が
多いのではないのでしょうか。

 

ベースが整えばファンデーションやチークで仕上げます。
次に眉を整え、眉とのバランスをみてアイライナーをひき
マスカラを付け口紅をひいて完了。


メイクの中でアイライナーやまつ毛、眉毛ももちろんですが
顔の印象を大きく変えるのはベースメイク。


このメイクで多く使われているあいぴーえすcosmeticsが
ノンケミカルのウォータープルーフです。


ipsコスメティックスのように、ノンケミカルでないものでも綺麗に仕上がりますが素肌への
ダメージがあり、またメイク崩れもしやすく長時間使用することは
難しいでしょう。ipsのように、ノンケミカルは肌に優しく、安心です。

メイクは毎日のことですから、やはりipsのように肌に良いものを選びたいです。

地肌から

しかしipsのノンケミカルウォータープルーフのコスメティックスだと
肌への負担は大幅に抑えることができ、メイク崩れも
しにくいということで、ipsコスメティックスが、今まさに人気で注目されています。


たくさんのコスメティックスの中から自分に1番合う
コスメティックスを見つけるのも1つの楽しみです。

ipsのように、これぞ!!というメーカーに出会えるかもしれません。

 

またコスメは年齢に合わせて変えていきたいものです。
例えばチークの塗り方ひとつでも表情は変わります。


垢抜けた大人を演出するのもコスメの楽しみ方の1つです。
一度化粧品売り場で、プロの方に化粧をしてもらい
自分に似合うコスメの使い方を知ってみるのもいいかもしれません。

 

耐水性できれいな仕上がりに!ウォータープルーフの効果

そんなコスメの選び方の基準のひとつとなるのが、ウォータープルーフの要素です。
人は自然と汗をかくため、水に強くないコスメであれば時間の経過と共に落ちやすくなってしまいます。

ファンデーションであれば浮き上がりやすくなり、マスカラではパンダ目になってしまうなど様々です。
また洗顔をしてしまうと、その落ちやすさは格段に高くなります。
そんな場合にウォータープルーフが活躍でき、その性能を持っているコスメは長時間維持することができます。

一口にウォータープルーフと言ってもそのメカニズムは複数あり、基本的にははっ水性と吸水性の2通りに分かれます。
はっ水は水をはじく性質で、成分が溶けたり染み込むのを防ぐ役割があります。

それに対して吸水の場合は、水を入り込ませはするものの、特定の成分に捕えさせることで崩れを防止します。
どちらの場合であっても、性質そのものを持っている成分は世の中に数多くあります。

しかしコスメに使用するとなれば、その選択肢は大幅に狭くなります。よく使用されるのはフッ素やシリコンなど水を弾く性質を持った成分で、肌との相性が悪くなく水と混ざりにくい油の形で配合されます。
そしてコスメには液体と粉末という大きな違いもあり、それぞれ持たせるべき耐水性も変わってきます。
そこにもメーカーの様々な工夫が導入され、きれいな仕上がりが実現されます。

中には特殊な技術を用いている場合も少なくないので、見つけることができれば、快適に使用できる可能性があります。
またウォータープルーフコスメが持つ水に強い性質は、もちろん落とす際にも影響してきます。
ただの水では中々落とすことができないため、メイク落としを使用する必要性が出てきます。特殊な性質を持っているため弱めのメイク落としでは中々落ちない可能性が高く、手軽に落とせる強いものを選ばなければならないかもしれません。

そうするといくらコスメ側が肌に優しい性質をしていたとしても、ダメージを与えることになってしまいます。
そのためコスメを選ぶ際には、落としやすさも考える必要があります。

したがってただ耐水性が最も強いものを選ぶのではなく、きれいな状態を保ちたい時間だけ効果を発揮してくれる、最適なバランスを重視しましょう。
ウォータープルーフコスメの中には、落とすことを考えて作られた製品も多いです。中には日中の生活ではメイクが触れることのない温度の水で、溶けやすくなる性質を持ったものもあります。